はまあやブログ 

30代女の七転八起の記録。

【えんとつ町のプペル】VR体験してきました!!

【スポンサーリンク】

はまあやです。

大好きな絵本の世界へ行ってきました!

 

2019.2.10 えんとつ町のプペルVR

川西能勢口駅5番ホーム

車両を貸し切っての上映。

 

f:id:hama_nn:20190210162500j:plain

約15分。

 

想像を超えた!!

それに尽きる。

「打倒!ディズニー」は夢なんかじゃなかった。

 

15分あれば人は感動する。

 

絵本の内容を知らない人は、

絵本を読みたくなるし、

内容を知っている人は倍楽しめる。

そしてまた読み返したくなる。 

 

また、日本語が分からない外国の方や、言葉の意味を理解できない小さな子どもでも、心に大切なメッセージを受け取れる。

 

そんな工夫が散りばめれていた。

 

文章で表現したいと思う私にとっては衝撃だった。

 

言葉がなくても、キャラクターの表情や動き、音楽、圧倒的な世界観で、伝えたいことを相手の心に響かせる。その計算しつくされた表現力に圧倒された。

 

海外に進出する際、「言葉の壁」という言葉をよく耳にするけれど、プペルには壁でもなんでもない。プペルという世界がすでに出来上がっていて、その世界に人々は魅了されるのだから。「言葉」が関係ないことをこのVR展では証明している。

 

えんとつ町のプペルには著作権がない

 

貸し切りの車両の中には、こんなグッツあったんだ!って驚くほどたくさん並んでいた。

今までの常識なら、非公式のものは販売禁止ですよね。

プペルには著作権がないから自由。私がTシャツ作って販売するのももちろんOK!

 

それこそが広告費0円の宣伝になるし、販売者には利益が入る。まさにwin-winの関係。

 

”世界の70億人で作ってしまって、70億人のモノにしてしまう。

宣伝はしなくていいんで、著作権もいらない。”

 

 

VRの順番を待っている間。

コスプレをしたかわいいこどもたちが、音楽に合わせてダンスをし楽しませてくれた。一緒に写真を撮ったりしながら、待っている間もわくわくが止まらなかった。

 

朝からずっと踊っていたわけではないだろうから、運がよかったのだと思う!!!

写真を公開できないのはとても残念・・・。

 

そうやって日常にプペルの世界が出現し始める。過ぎ去るブームではなく、出来上がった既製品でもなく、みんなの手で作り上げる生きた世界。